パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

反応が遅い、フリーズする…WordやExcelの動作がおかしい時の対処法

反応が遅い、フリーズする…ワードやエクセルの動作がおかしい時の対処法

WordやExcelを使用している方へ。以下のような問題に直面していませんか?

  • ファイルを保存するのに時間がかかる
  • 入力内容が反映されるのに時間がかかる
  • フリーズする etc…

このような状態だと作業がスムーズに進まなくて困りますよね。

そこで今回は、WordやExcelの動作がおかしいときの対処法をご紹介します。

ハードウェア・グラフィック・アクセラレータを無効にする

ハードウェア・グラフィック・アクセラレータが有効になっていると、通常CPU(汎用的な処理を行うパーツ)によって処理が行われるところ、GPU(映像処理を行うパーツ)によって処理が行われるようになります。

ゲーミングPCなど高性能GPUを搭載したパソコンならGPUで処理することで快適さがアップしますが、一般向けのパソコンはGPUの性能が低く、GPUで処理するとかえって動作が不安定になってしまいます。この設定が有効になっている場合は無効にしましょう。

無効にするためには、まずWordまたはExcelを起動した状態でAlt⇒T⇒Oの順に押し、オプションを表示します。オプションが表示されたら、「詳細」をクリックし、「ハードウェア グラフィック アクセラレータを無効にする」にチェックをつけて「OK」を押してください。

Excel

ファイルサイズを小さくする

画像をたくさん使っていたり、不要なデータやシートがあったりすると、ファイルサイズが大きくなって動作が重くなることがあります。心当たりがある場合は、次に挙げる対処法を試してみてください。

画像を圧縮する

画像を圧縮するためには、まず挿入した画像を選択した状態で「図の形式」タブを開き、「図の圧縮」をクリックします。

Excel

「画像の圧縮」が表示されたら、「この画像だけに適用する」のチェックを外す(すべての画像に設定を適用する場合)⇒「解像度」から以下のいずれかを選択⇒「OK」を押します。

Excel
  • 印刷用(220ppi)
  • Web(150ppi)
  • 電子メール用(96ppi)

ppiが低いほど低画質になり、ファイルサイズが小さくなります。

不要なデータを削除する

誤操作で思わぬところにデータが入力されていることもあります。必要な範囲以外は削除してしまいましょう。

データを削除するためには、列番号または行番号をクリックしてCtrl+Shift+矢印キーを押したあと、Deleteを押します。

たとえば、E列より右のデータは削除したいときは、E列の列番号をクリック⇒Ctrl+Shift+→を押したあと、Deleteを押します。

Excel

不要なシートを削除する

不要なシートの見出しをCtrlを押しながらクリックで選択⇒右クリック⇒コンテキストメニューから「削除」を選択します。

Excel
メモ

シートが連続している場合、最初のシートの見出しをクリックしたあと、Shiftを押しながら最後のシートの見出しをクリックすると、連続したシートを一気に選択できます。

WordやExcelをセーフモードで起動する

WordやExcelをセーフモードで起動すると、「個人用マクロブック」や「アドイン」が読み込まれません。セーフモードで問題が解決する場合はマクロやアドインが原因になっている可能性が高いので、原因になってそうなマクロやアドインを無効にしましょう。

WordやExcelをセーフモードで起動するためには、まず+Rを押して「ファイル名を指定して実行」を表示させ、以下のように入力して「OK」を押します。

Windows
Wordの場合
winword /safe
Excelの場合
excel /safe

セーフモードで起動すると、タイトルバーに「(セーフモード)」と表示されます。

Excel

Officeプログラムを修復する

Officeに問題がある場合、Officeプログラムを修復することで解決する可能性があります。

Officeプログラムを修復するためには、まずタスクバーの検索ボックスに「control」と入力し、「開く」をクリックします。

Windows

「プログラムのアンインストール」をクリックします。

Windows

「Microsoft Office ・・・」を選択し、「変更」をクリックします。

Windows

「クイック修復」または「オンライン修復」を選択し、「修復」を押します。

Windows
注意

Officeソフトが起動している場合は、必ず終了させてから修復を開始してください。

オンライン修復は時間がかかるので、クイック修復で解決しなかったらオンライン修復を試してみるのがいいでしょう。

修復が完了したらパソコンを再起動してからWordまたはExcelを起動し、問題が解決したかどうか確認してみてください。

まとめ

今回は、WordやExcelの動作がおかしいときの対処法をご紹介しました。

反応が遅い、フリーズするなどWordやExcelの動作がおかしい場合、まずは今回ご紹介した対処法を試してみることをおすすめします。

どの対処法でも問題が解決しない場合、パソコン自体に問題がある可能性があります。パソコンのスペックが低い場合や、使用年数が長い場合は、新しいパソコンに買い換えることも検討してみるといいかもしれません。