パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

Excelで複数シートを一枚にまとめる方法

Excelで複数シートを一枚にまとめる方法

今回は、Excelで複数シートを一枚にまとめる方法をご紹介します。

  • 複数シートの数値の合計を一枚にまとめたい
  • 複数シートを一つのPDFファイルとして保存したい
  • 複数シートを縦に結合して一枚にまとめたい
  • 複数シートを一枚にまとめて印刷したい

上記に当てはまる方はぜひご覧ください。

Excelで複数シートの値の合計を一枚にまとめる方法

各シートのデータ範囲が同じ位置にある場合、「統合機能」を使えば各シートの数値を合計して一枚にまとめることができます。

統合機能を使って複数シートの数値の合計を一枚にまとめるには、まず統合先シートの合計値を表示する範囲の左上のセルを選択して「データ」タブ⇒「統合」をクリックします。

Excel

「統合の設定」が表示されたら、「集計の方法」で「合計」を選択⇒「統合元データとリンクする」にチェックを付けます。

Excel

「統合元範囲」の入力ボックスにカーソルを置き、1つ目の統合元シートでデータ範囲を選択します。選択したら「追加」を押し、選択したデータ範囲を「統合元」に登録します。以降はその他の統合元シートを開く⇒データ範囲が選択されていることを確認して「追加」を押すという作業を統合元シートの数だけ繰り返します。

Excel

すべての統合元シートを登録したら、「OK」を押します。

Excel

これで複数シートの数値の合計が一枚にまとめられます。

Excel

統合元シートの数値を変更すると、総合先シートの合計値も変わります。

Excel

Excelで複数シートを一つのPDFファイルとして保存する方法

Excelで複数シートを一つのPDFファイルとして保存するには、まずまとめたいシート名を[Ctrl]を押しながらクリックします。

Excel

[Alt]⇒[F]⇒[E]の順に押して「エクスポート」画面を開いたら、「PDF/XPSの作成」を押します。あとは保存場所やファイル名を指定して保存すればOKです。

Excel

これで選択したシートが一つのPDFファイルとして保存されます。

Excel

Excelで複数シートを縦に結合して一枚にまとめる方法

Excelで複数シートを縦に結合して一枚にまとめるには、「マクロ」を使います。

マクロの使い方がわからない方は、先に以下の記事をご覧ください。

今回作成したのは、「先頭シートの左上を起点に、その他のシートのデータ範囲を順に貼り付ける」というマクロです。

Excel

このマクロを使うには、まず「標準モジュール」に以下のコードを貼り付けます。

Excel
Sub シートを縦に結合()

    Dim r As Long
    Dim i As Long
    
    r = 1
    
    For i = 2 To Worksheets.Count
        Worksheets(i).UsedRange.Copy
        ActiveSheet.Cells(r, 1).PasteSpecial xlPasteValues
        r = r + Worksheets(i).UsedRange.Rows.Count
    Next

    Application.CutCopyMode = False
    
    MsgBox "シートの結合が完了しました。"
    
End Sub

先頭シートを開いた状態で、「開発」タブ⇒「マクロ」をクリックします。

Excel

「マクロ」が表示されたら、「シートを縦に結合」を選択して「実行」を押します。

Excel

すると、以下のように先頭シート以外のシートのデータ範囲が順に貼り付けられ、結合が完了すると「シートの結合が完了しました。」というメッセージが表示されます。

Excel

Excelで複数シートを一枚にまとめて印刷する方法

Excelでは、2シート~4シートであれば一枚にまとめて印刷することが可能です。

2シート~4シートを一枚にまとめて印刷するには、まずまとめたいシート名を[Ctrl]を押しながらクリックします。

次に、[Ctrl]+[P]で「印刷」画面を開き、「プリンターのプロパティ」をクリックします。

Excel

プリンターのプロパティが表示されたら、「ページ設定」タブを開きます。

Excel

以降の手順は目的によって変わります。

2シート~4シートを一枚の片面に印刷する

2シート~4シートを一枚の片面に印刷するには、「割り付け/ポスター」にチェック⇒「割り付け」を選択⇒「両面印刷」のチェックを外す⇒「設定」を押します。

Excel

「割り付け順設定」が表示されたら、以下のように設定して「OK」を押します。

Excel
Excel
2シート3~4シート
割り付けページ数2ページ分4ページ分
割り付け順序お好みでお好みで

プリンターのプロパティに戻ったら「OK」を押します。

Excel

残りのシートも同様に割り付け設定を適用します。他のシートへは画面右側下部の左右矢印を押すことで移動できます。

Excel

設定が完了したらあとは印刷するだけです。

2シートを一枚の裏表に印刷する

2シートを一枚の裏表に印刷するには、「割り付け/ポスター」のチェックを外す⇒「両面印刷」にチェックを付けて「OK」を押します。

Excel

残りのシートも同様の設定を適用したら完了です。

まとめ

今回は、Excelで複数シートを一枚にまとめる方法をご紹介しました。

まとめたいデータが複数シートにばらけている場合、標準機能を使ったり、マクロを使ったり、プリンターの設定を変更したりすることで、簡単に一枚にまとめることができます。まとめたいシートの数が多い場合、手作業だと時間がかかってしまうので、今回ご紹介した方法を試してみてくださいね。