パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

Excelで数字の連番を振る方法

Excelで連番を振る方法は?飛び飛びのやり方も解説!

今回は、Excelで数字の連番を振る方法をご紹介します。

続けて連番を振る方法と、飛び飛びで連番を振る方法の、大きく2パターンに分けてご紹介します。

Excelで続けて数字の連番を振る方法

Excelで続けて数字の連番を振る方法には、以下のようなものがあります。

  1. オートフィル機能を使う
  2. フィル機能を使う
  3. ROW関数を使う
  4. COLUMN関数を使う
  5. SEQUENCE関数を使う

なお、SEQUENCE関数はMicrosoft 365やOffice 2021でなければ使用できません。以下の記事にてMicrosoft 365やOffice 2021の購入ページをご紹介していますので、Office 2019以前のバージョンをお使いの方はチェックしてみてください。

方法1:オートフィル機能を使う

連番の数が少ない場合は、オートフィル機能を使う方法がおすすめです。

オートフィルを使って連番を振るには、連番の開始セルに最初の数字を入力し、そのセルの右下の■を[Ctrl]を押しながら終了セルまでドラッグします。これでドラッグした数だけ連番が振られます。

Excel

方法2:フィル機能を使う

連番の数が多い場合は、フィル機能を使うのがおすすめです。フィル機能を使えば、ドラッグせずに指定の数まで連番を振れるので楽です。

フィル機能を使って連番を振るには、まず連番の開始セルに最初の数字を入力し、「ホーム」タブ⇒「フィル」⇒「連続データの作成」を選択します。

Excel

「連続データ」が表示されたら、以下のように設定して「OK」を押します。

Excel
範囲
  • 下に連番を振る:列
  • 横に連番を振る:行
種類
加算
増分値
連番の最初の数字
停止値
連番の最後の数字

これで指定の数字まで連番が振られます。

Excel

方法3:ROW関数を使う

行を削除しても連番が維持されるようにしたい場合は、ROW関数を使う方法がおすすめです。

ROW関数(ロウ関数)とは、範囲の行番号を返す関数です。

対応バージョン365 / 2021 / 2019 / 2016 / 2013

ROW関数の構文

ROW(範囲

範囲(省略可)
行番号を求めたい範囲を指定する。省略するとROW関数が入力されたセルの行番号が返される。

ROW関数を使って連番を振るには、まず連番の開始セルに=ROW()と入力します。

Excel

開始セルより上にセルがある場合は、そのセルの数だけマイナスします。たとえば開始セルより上に1セルある場合は、=ROW()-1とします。あとは右下の■を終了セルまでドラッグすれば、ドラッグした数だけ連番が振られます。

Excel

方法4:COLUMN関数を使う

列を削除しても連番が維持されるようにしたい場合は、COLUMN関数を使う方法がおすすめです。

COLUMN関数(カラム関数)とは、範囲の列番号を返す関数です。

対応バージョン365 / 2021 / 2019 / 2016 / 2013

COLUMN関数の構文

COLUMN(範囲

範囲(省略可)
列番号を求めたい範囲を指定する。省略するとCOLUMN関数が入力されたセルの列番号が返される。

COLUMN関数を使って連番を振るには、まず連番の開始セルに=COLUMN()と入力します。

Excel

開始セルより左にセルがある場合は、そのセルの数だけマイナスします。たとえば開始セルより左に1セルある場合は、=COLUMN()-1とします。あとは右下の■を終了セルまでドラッグすれば、ドラッグした数だけ連番が振られます。

Excel

方法5:SEQUENCE関数を使う

複数行・複数列に連番を振りたい場合は、SEQUENCE関数を使う方法がおすすめです。

SEQUENCE関数(シークエンス関数)とは、連続した数値の一覧を生成する関数です。

対応バージョン365 / 2021

SEQUENCE関数の構文

SEQUENCE(, , 開始, 目盛り

行(必須)
連続数値を表示する行数を指定する。
列(省略可)
連続数値を表示する列数を指定する。省略すると「1」として処理される。
開始(省略可)
連続数値の開始値を指定する。省略すると「1」として処理される。
目盛り(省略可)
連続数値の増分値を指定する。省略すると「1」として処理される。

(例)A1~E3の範囲(3行×5列)に1からの連番を振る。

A1に=SEQUENCE(3,5)と入力します。これでA1を基準とした3行×5列(A1~E3)に連番が振られます。

Excel

Excelで飛び飛びに数字の連番を振る方法

Excelで飛び飛びに数字の連番を振る方法を、以下の2パターンに分けてご紹介します。

  1. 1行おきに連番を振る
  2. 空白飛ばしで連番を振る

1行おきに連番を振る

1行おきに連番を振るには、まず連番の開始セルに最初の数字を入力し、次のセルを空白にします。あとは2つのセルを選択した状態で右下の■を終了セルまでドラッグすれば、1行おきに連番が振られます。

Excel

2行おきに連番を振りたい場合は空白セルを2個作るといったように、空けたい分だけ空白セルを作るのがポイントです。

空白飛ばしで連番を振る

空白飛ばしで連番を振るには、IF関数COUNTA関数を使います。

IF関数(イフ関数)とは、条件を満たす場合と満たさない場合とで処理を変える関数です。

対応バージョン365 / 2021 / 2019 / 2016 / 2013

IF関数の構文

IF(論理式, 真の場合, 偽の場合

論理式(必須)
条件を指定する。
真の場合(必須)
条件を満たす場合の処理を指定する。
偽の場合(必須)
条件を満たさない場合の処理を指定する。

COUNTA関数(カウントエー関数)とは、空白ではないセルの個数を求める関数です。

対応バージョン365 / 2021 / 2019 / 2016 / 2013

COUNTA関数の構文

COUNTA(値1, 値2, …)

値1(必須)
検索する範囲を指定する。
値2(省略可)
検索する追加の範囲を指定する。

(例)B1から下に値が入力されている場合、同じ行のA列に連番を振る。

A1に=IF(B1<>"",COUNTA($B$1:B1),"")と入力し、右下の■を終了セルまでドラッグします。これで空白飛ばしで連番が振られます。

Excel

Excelで大量にコピーするときのコツ

たとえば、A2の数式をA1001までドラッグでコピーするのはちょっとたいへんです。こんなときは、「名前ボックス」を使いましょう。

名前ボックスを使ってコピーするには、まずコピー元のセルを選択して[Ctrl]+[C]でコピーします。

Excel

名前ボックスにコピー先の範囲を「始点セル:終点セル」の形で入力して[Enter]で確定します。

Excel

コピー先の範囲が自動で選択されたことを確認して[Ctrl]+[V]で貼り付けます。

Excel

これで指定した範囲にコピーされます。ドラッグでコピーするよりはるかに速いです。

Excel

まとめ

今回は、Excelで数字の連番を振る方法をご紹介しました。

続けて連番を振りたいときや、飛び飛びで連番を振りたいときは、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。