パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

Excelで桁数を指定して四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法

Excelで桁数を指定して四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法

今回は、Excelで桁数を指定して四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法をご紹介します。

この方法を知っていると、たとえば以下のようなことができます。

  • 小数点第1位を四捨五入する
  • 1の位を切り上げる
  • 10の位を切り捨てる

とても役立つテクニックなので、数値データを扱うことが多い方はぜひマスターしましょう!

Excelで桁数を指定して四捨五入する方法

桁数を指定して四捨五入するには、ROUND関数を使います。

ROUND関数とは、指定された桁数で四捨五入する関数です。

ROUND関数の書式

ROUND(数値,桁数)

数値
四捨五入する数値を指定する
桁数
四捨五入する桁を整数で指定する
ROUND関数の桁数の考え方

たとえば、=ROUND(127.45,0)は「小数点第1位を四捨五入する」ということになるので、結果は「127」となります。

Excel

上記の例ではA2に数値「127.45」、B2に桁数「0」が入力されているので、セルを参照して=ROUND(A2,B2)としてもOKです。

Excelで桁数を指定して切り上げる方法

桁数を指定して切り上げるには、ROUNDUP関数を使います。

ROUNDUP関数とは、指定された桁数で切り上げる関数です。

ROUNDUP関数の書式

ROUNDUP(数値,桁数)

数値
切り上げる数値を指定する
桁数
切り上げる桁を整数で指定する
ROUNDUP関数の桁数の考え方

たとえば、=ROUNDUP(127.45,-1)は「1の位を切り上げる」ということになるので、結果は「130」となります。

Excel

Excelで桁数を指定して切り捨てる方法

桁数を指定して切り捨てるには、ROUNDDOWN関数を使います。

ROUNDDOWN関数とは、指定された桁数で切り捨てる関数です。

ROUNDDOWN関数の書式

ROUNDDOWN(数値,桁数)

数値
切り捨てる数値を指定する
桁数
切り捨てる桁を整数で指定する
ROUNDDOWN関数の桁数の考え方

たとえば、=ROUNDDOWN(127.45,-2)は「10の位を切り捨てる」ということになるので、結果は「100」となります。

Excel

小数点以下を切り捨てたい場合は「INT関数」を使う方法もあります。INT関数なら、=INT(127.45)のように切り捨てする数値を指定するだけでいいので簡単です。

Excel

Excelで計算結果を四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法

たとえば、A2/B2の計算結果を小数点第1位で四捨五入・切り上げ・切り捨てしてC2に表示したいとします。

この場合、C2の数式を以下のように修正すればOKです。

四捨五入
=ROUND(A2/B2,0)
切り上げ
=ROUNDUP(A2/B2,0)
切り捨て
=ROUNDDOWN(A2/B2,0)

元の数式を残して四捨五入したい場合は、隣に新しく列を作り、そこに=ROUND(C2,0)と入力するといいでしょう。

Excel

セルの右下の■を任意のセルまでドラッグすれば、一気に数式をコピーできます。

Excel

Excelで関数を使わずに小数点以下を四捨五入する方法

関数を使わずに小数点以下を四捨五入するには、「小数点以下の表示桁数を減らす」という機能を使います。「小数点以下の表示桁数を減らす」は、「ホーム」タブの「数値」グループにあります。

Excel

「小数点以下の表示桁数を減らす」は、クリックするたびに末尾の数値が消えていき、消えた位置で四捨五入されるイメージです。桁数を元に戻したいときは、その左にある「小数点以下の表示桁数を増やす」をクリックすればOKです。

Excel

たとえば、「127.45」の末尾を四捨五入したい場合は、「小数点以下の表示桁数を減らす」を1回クリックします。すると、末尾で四捨五入されて「127.5」と表示されます。

Excel

なお、この方法だと見た目上の数値は変わりますが、入力値は変わりません

Excel

ちなみに、関数を使わずに整数で四捨五入する方法や、関数を使わずに切り上げ・切り捨てする方法はありません。

まとめ

今回は、Excelで桁数を指定して四捨五入・切り上げ・切り捨てする方法をご紹介しました。

ROUND関数・ROUNDUP関数・ROUNDDOWN関数を使うと、桁数を指定して四捨五入・切り上げ・切り捨てできます。小数点以下を切り捨てしたい場合はINT関数も使えますよ。