パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

覚えておきたい!Excelマクロの作成方法と実行方法

覚えておきたい!エクセルマクロの作成方法と実行方法

Excelでやりたいことがあるけど、関数ではそれができない・・・

そんなときに便利なのが「マクロ」です。関数では難しい処理も、マクロなら問題なく処理できたりします。

でも、マクロを使ったことがないと「マクロ」という言葉を聞くだけで反射的に「あ、無理」となっちゃいますよね。

今回はそんな方に向けて、Excelマクロの作成方法と実行方法を徹底解説します。

マクロの作り方や使い方は意外と簡単です。初めての方でもすぐに覚えられるので安心してくださいね。

Excelマクロの作成方法

まずはマクロの作成方法を解説します。流れをざっくり説明すると以下のとおりです。

  1. VBEを起動する
  2. モジュールを挿入する
  3. コードを書く
  4. エラーがないかチェックする

ただし、事前準備として開発環境を整える必要があります。今まで一度もマクロを使ったことがない方は、以下の手順に沿って開発環境を整えましょう。

事前準備:開発環境を整える

まずはマクロを有効にしましょう。「ファイル」タブをクリックします。

Excel

「オプション」をクリックします。

Excel

「Excelのオプション」ダイアログが立ち上がったら、「トラストセンター」⇒「トラストセンターの設定」を押します。

Excel

「マクロの設定」をクリック⇒「すべてのマクロを有効にする」を選択⇒「OK」を押します。

Excel

これでマクロが有効になりました。続いてマクロの設定ができる「開発」タブを表示しましょう。「Excelのオプション」ダイアログから「リボンのユーザー設定」をクリック⇒「メインタブ」にある「開発」にチェック⇒「OK」を押します。

Excel

これで「開発」タブが表示されるようになりました。事前準備はこれで完了です。

Excel

手順1:VBEを起動する

マクロを実行するためには、VBEでコードを記述します。

VBEとは「Visual Basic Editor」の略で、簡単に言うとVBA(マクロを動かすプログラミング言語)を書くエディタです。

VBEは「開発」タブ⇒「Visual Basic」をクリックでも起動できますが、ショートカットキーを使った起動方法のほうが簡単です。ショートカットキーは[Alt]+[F11]です。

このような画面が立ち上がればOKです。

Excel

手順2:モジュールを挿入する

VBEを起動したら、次はコードを書くためのモジュールを挿入します。

モジュールにはいくつか種類がありますが、主に使うのは「標準モジュール」です。標準モジュールは、「挿入」⇒「標準モジュール」をクリックで挿入できます。

Excel

このような画面が立ち上がればOKです。

Excel

手順3:コードを書く

モジュールを挿入したら、次はそのモジュールにコードを書きます。

Excel

ちなみに「Sub~End Sub」を「Subプロシージャ」と呼び、「Function~End Function」を「Functionプロシージャ」と呼びます。

プロシージャとは、ひとまとまりの処理の単位のことです。プロシージャは一つのモジュールに複数書くことができます。

手順4:エラーがないかチェックする

コードを書いたら、最後にエラーがないかチェックします。

[F8]キーを押すと、1行ごとにエラーをチェックできます。

Excel

エラーがあると以下のようなメッセージが表示されるので、「デバッグ」を押してコードを修正しましょう。

Excel

作成したマクロをすべてのExcelファイルで使えるようにする方法

たとえば、Book1に保存したマクロをBook2でも使用するためには、Book2でもコードを書く必要があります。

その手間を省くためには、「個人用マクロブック」にマクロを保存します。個人用マクロブックにマクロを保存すれば、すべてのExcelファイルでそのマクロを使えるようになります。

個人用マクロブックとは、以下の場所に保存されている「PERSONAL.xlsb」のことです。

C:\ユーザー\(アカウント名)\AppDate\Roaming\Microsoft\Excel\XLSTART
「AppDate」が見当たらない場合は?

「AppDate」が見当たらない場合は、エクスプローラーの「表示」をクリック⇒「隠しファイル」にチェックをつけましょう。

エクスプローラー

PERSONAL.xlsbがない場合は自分で作成します。コードを書いたら[Ctrl]+[S]を押し、さきほどのパスに「PERSONAL.xlsb」というファイル名で保存しましょう。

Excel

PERSONAL.xlsbを作成すると、Excelを起動するたびにPERSONAL.xlsbが表示される場合があります。

Excel

このままだと使いづらいので、PERSONAL.xlsbは非表示にしましょう。そのためには、PERSONAL.xlsbの「表示」タブ⇒「表示しない」をクリックします。

Excel

「個人用マクロブックの変更を保存しますか?」というメッセージが表示されたら、「保存」を押します。

Excel

これでExcelを起動したときにPERSONAL.xlsbが表示されなくなります。

Excel
mono
mono

PERSONAL.xlsbが表示されなくてもマクロはちゃんと使えるので安心してくださいね。

Excelマクロの実行方法

マクロにもよりますが、VBEでコードを書いただけではマクロは実行されません。マクロを実行するためには、ワークシートやリボンに「マクロ実行ボタン」を作成する必要があります。

それでは、マクロ実行ボタンの作り方を解説します。

ワークシートにマクロ実行ボタンを作成する方法

ワークシートにマクロ実行ボタンを作成するためには、まず「開発」タブ⇒「挿入」⇒「ボタン(フォームコントロール)」をクリックします。

Excel

ボタンを挿入したい位置で、ボタンの形にドラッグします。

Excel
ボタンのサイズをセルに合わせるには?

[Alt]キーを押しながらドラッグすると、ボタンの辺が近くのセルに吸着します。セルのサイズを変更したときにボタンの位置やサイズをどうするかは、ボタンを右クリック⇒「コントロールの書式設定」⇒「プロパティ」タブの「オブジェクトの位置関係」で設定できます。

Excel

ボタンを押したときに実行したいマクロを選択し、「OK」を押します。

Excel

ボタンを右クリック⇒「テキストの編集」をクリックします。

Excel

ボタンに任意の名前をつけます。これでマクロ実行ボタンの完成です。

Excel

リボンにマクロ実行ボタンを作成する方法

リボンにマクロ実行ボタンを作成するためには、まず「ファイル」タブ⇒「オプション」をクリックで「Excelのオプション」ダイアログを立ち上げ、「リボンのユーザー設定」をクリックします。

Excel

「新しいタブ」を押す⇒「新しいタブ(ユーザー設定)」を選択⇒「名前の変更」を押します。

Excel

任意の名前を入力し、「OK」を押します。

Excel

「新しいグループ(ユーザー設定)」を選択⇒「名前の変更」を押します。

Excel

任意の名前を入力し、「OK」を押します。アイコンも選択できます。

Excel

対象のタブを選択した状態で右側の「▲」「▼」を押すと、タブの場所を移動できます。左端にタブを表示したい場合は、「ホーム」の上に移動します。

Excel

「メインタブ」でグループを選択⇒「コマンドの選択」から「マクロ」を選択⇒ボタンを押したときに実行したいマクロを選択⇒「追加」を押します。

Excel

追加したマクロを選択し、「名前の変更」を押します。

Excel

任意の名前を入力し、「OK」を押します。アイコンも選択できます。

Excel

「OK」を押して「Excelのオプション」ダイアログを閉じます。

Excel

すると、リボンにさきほど追加したマクロの実行ボタンが作成されます。

Excel

まとめ

今回は、Excelマクロの作成方法と実行方法をご紹介しました。

マクロを使えるようになれば、今までより多くの作業を自動化できるようになります。作業時間がグッと短縮するので、ぜひこの機会に作り方と使い方を覚えておきましょう!