パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

Excelで複数セルのデータを一つにまとめる(結合する)方法

Excelで複数セルのデータを一つにまとめる(結合する)方法

Excelで複数セルのデータを一つにまとめるとき、コピペでまとめていませんか?

データの数が少ない場合はコピペでもいいですが、多い場合はコピペでは日が暮れてしまいます。もっと楽にまとめる方法があるので、ぜひこの機会に覚えておきましょう!

今回は、Excelで複数セルのデータを一つにまとめる方法をご紹介します。

複数セルのデータを一つにまとめる方法

単純に複数セルのデータを一つにまとめたいときは、まとめたいセル同士を「&」でつなぎます。

たとえば、A列に「姓」、B列に「名」が入力されたデータがあり、C列に姓と名を一つにまとめたいとします。

Excel

この場合、まずC2に「=A2&B2」と入力します。

Excel

すると、C2に姓と名がまとめて表示されます。

Excel

あとは任意のセルまでC2の数式をオートフィルすればOKです。

Excel

複数セルのデータをカンマ区切りで一つにまとめる方法

複数セルのデータをカンマ区切りで一つにまとめたいときは、まとめたいセル同士を「&”,”&」でつなぎます。

たとえば、最初に例にあげたデータをカンマ区切りで一つにまとめたいとします。この場合、まずC2に「=A2&”,”&B2」と入力します。

Excel

すると、C2に姓と名がカンマ区切りでまとめて表示されます。

Excel
メモ

スペースで区切りたいときはカンマの部分にスペースを入れましょう。

複数セルのデータを改行しつつ一つにまとめる方法

複数セルのデータを改行しつつ一つにまとめたいときは、まとめたいセル同士を「&CHAR(10)&」でつなぎます。

CHAR関数は文字コードを文字に変換できる関数で、引数(文字コード)に10を指定することでセル内に改行を挿入することができます。

たとえば、最初に例にあげたデータを改行しつつ一つにまとめたいとします。この場合、まずC2に「=A2&CHAR(10)&B2」と入力します。

Excel

すると、C2に姓と名が改行された状態でまとめて表示されます。

Excel

改行されない場合は、C2を選択した状態でCtrl+1を押して「セルの書式設定」を立ち上げ、「配置」タブ⇒「折り返して全体を表示する」にチェック⇒「OK」を押しましょう。こうするとセル内で改行されるようになります。

Excel

別々のセルに入力された年月日から一つの日付データを作成する方法

年月日がそれぞれ別のセルに入力されていて、それらのデータをもとに一つの日付データを作成したいときは、DATE関数を使います。

たとえば、A2に「年」、B2に「月」、C2に「日」が入力されたデータがあり、D2に年月日を一つにまとめて表示したいとします。

Excel

この場合、まずD2に「=DATE(A2,B2,C2)」と入力します。

Excel

すると、D2に年月日がまとめて表示されます。

Excel

日付の表示形式を西暦ではなく和暦にしたい場合は、まずD2を選択した状態でCtrl+1を押し、「セルの書式設定」を立ち上げます。続いて「表示形式」タブ⇒「日付」の順にクリック⇒カレンダーの種類を「和暦」に変更⇒種類からいずれかを選択⇒「OK」を押しましょう。

Excel

これで西暦から和暦表示になります。

Excel

まとめ

今回は、Excelで複数セルのデータを一つにまとめる方法をご紹介しました。

複数セルのデータを一つにまとめたいときは、基本的に「&」を使います。区切り記号を入れたいときは「”区切り記号”」を、改行したいときは「CHAR(10)」を追加しましょう。DATE関数を使えば数値から日付データを作ることも可能ですよ。