パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

DellのWindows10のディスプレイの明るさが勝手に変わるときの対処法

【Dell】Windows10のモニターの明るさが勝手に変わるときの対処法

DellのWindows 10を使っていて、ディスプレイの明るさが勝手に変わって困ったことはありませんか?

ディスプレイの明るさが勝手に変わると、その時々で画面の色が違って見えたりして不便ですよね。

そこで今回は、DellのWindows 10をお使いの方に向けて、ディスプレイの明るさが勝手に変わるときの対処法をご紹介します。

DellのWindows 10のディスプレイの明るさが勝手に変わる原因

多くのパソコンやスマホには、暗い場所では画面を暗くし、逆に明るい場所では画面を明るくする「自動輝度調整」という機能が備わっています。DellのWindows 10のディスプレイの明るさが勝手に変わるのも、この機能が原因です。

自動輝度調整には、目が疲れにくくなるというメリットや、わざわざ手動で明るさを調整しなくて済むというメリットがありますが、画面の正確な色がわからなくなるなどのデメリットもあります。作業の妨げになるような場合はオフにしましょう。

DellのWindows 10のディスプレイの明るさが勝手に変わるときは「BIOS」の設定を変更しよう

DellのWindows 10のディスプレイの明るさが勝手に変わる問題は、「BIOS」の設定を変更することで解決する可能性が高いです。

BIOSとは?

BIOS(バイオス)とは、「Basic Input Output System」の略称で、CPUやキーボードなどを制御するためのプログラムのことです。

BIOSの設定画面は、パソコンを起動後、Dellのロゴが表示されている間に「F2」キーを連打すると表示されます。

BIOSの設定画面が表示されたら、以下のような手順で操作を行いましょう。

  1. 「Video」をクリック
  2. 「Brightness on battery power」を右矢印キーで「100」にする
  3. 「Enable EcoPower」を「OFF」にする
  4. 「APPLY CHANGES」をクリック
  5. 「OK」をクリック(「Save as Custom User Settings」にチェックはつけない)
  6. 「EXIT」をクリック

「Brightness on battery power」という項目がない場合は、「Dynamic Backlight Control」という項目を探してみてください。これを「Disabled」にして「Apply」⇒「OK」⇒「Exit」と進むと、うまくいく可能性があります。

BIOSの設定を変更してもディスプレイの明るさが勝手に変わるときの対処法

Dell以外の製品を使っているなどで上記の方法でも問題が解決しない場合は、以下の対処法を試してみてください。

対処法1:電源オプションの設定を変更する

  1. デスクトップ画面を右クリック
  2. 「ディスプレイ設定」をクリック
  3. 「電源とスリープ」をクリック
  4. 「電源の追加設定」をクリック
  5. 「プラン設定の変更」をクリック
  6. 「詳細な電源設定の変更」をクリック
  7. 「ディスプレイ」をクリック
  8. 「自動輝度調整を有効にする」を「オフ」にする
  9. 「OK」をクリック

対処法3:ディスプレイの設定を変更する

  1. デスクトップ画面を右クリック
  2. 「ディスプレイ設定」をクリック
  3. 「照明が変化した場合に明るさを自動的に調整する」を「オフ」にする
  4. 「適用する」をクリック

対処法4:メーカーに問い合わせる

上記の方法でも解決しない場合は、メーカーに直接問い合わせてみることをおすすめします。

以下にパソコンメーカー主要8社のサポートページをまとめました。リンクをクリックすると、問い合わせ方法などが書かれたページへ飛びます。

メーカーによって問い合わせ方法は電話、メール、チャットとさまざま。お好きな方法で問い合わせてみてくださいね。

まとめ

今回は、DellのWindows 10をお使いの方に向けて、ディスプレイの明るさが勝手に変わるときの対処法をご紹介しました。

ご紹介した方法で問題が解決しない場合、パソコンの故障も考えられます。以下の記事でパソコンが壊れるときの前兆をまとめていますので、ディスプレイの明るさが勝手に変わる以外にも何かおかしなところがある場合は、ぜひ一度チェックしてみてください。