パソコンを買うなら今!最新セール情報まとめ

CPUやグラボは?Windows11でパソコンのスペックを確認する方法

CPUやグラボは?Windows11でパソコンのスペックを確認する方法

Windowsのアップデートや、ソフトウェアのインストールを行う場合、その前にパソコンのスペックを確認しておく必要があります。

パソコンのスペックによってはアップデートやインストールが正常に行えなかったり、できても動作が安定しなかったりと、トラブルが発生する可能性があるのです。

そこで今回は、Windows11でパソコンのスペックを確認する方法をご紹介します。

Windowsのエディションやバージョン、CPU、メモリ、ストレージ、グラボ(GPU)、プロダクトIDなどを確認したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

なお、パソコンのインチ数の確認方法については以下の記事で解説していますので、そちらを参照してください。

Windows11でパソコンのスペックを確認する方法

Windows11でパソコンのスペックを確認する方法には、以下のようなものがあります。

  1. バージョン情報を確認する
  2. システム情報を確認する

バージョン情報を確認する

[Windows]+[PauseBreak]を押すと、「バージョン情報」が表示されます。ここでは、Windowのエディションやバージョン、CPU(プロセッサ)、メモリ(実装RAM)、プロダクトIDなどを確認できます。

Windows11のバージョン情報

システム情報を確認する

タスクバーの検索ボタンを押し、検索ボックスに「msinfo」と入力しましょう。すると「システム情報」が表示されるので、これをクリックします。

Windows11のホーム画面

すると「システム情報」が表示されます。ここでは、バージョン情報では確認できなかった、ストレージやGPUなども確認できます。

Windows11のシステム情報

ストレージは、「コンポーネント」⇒「記憶域」⇒「ドライブ」の「サイズ」で確認できます。

Windows11のシステム情報

GPUは、「コンポーネント」⇒「ディスプレイ」の「名前」で確認できます。

Windows11のシステム情報

Windows11でパソコンのメモリ使用率を確認する方法

「パソコンの動作不良の原因を調べるためにスペックを確認したい」という方は、スペックだけでなく「メモリ使用率」も確認してみるといいでしょう。メモリ使用率が高い場合、それが原因でパソコンの動作がおかしくなっている可能性があります。

メモリ使用率を確認するには、スタートボタンを右クリック⇒「タスクマネージャー」を選択します。

Windows11のホーム画面

すると、「タスクマネージャー」が表示されるので、「メモリ」の部分を確認しましょう。ここに表示されているのがメモリ使用率です。

Windows11のタスクマネージャー

メモリ使用率が60%以下だと、パソコンが安定して動作できます。60%を超えている場合は、使っていないソフトを閉じるなど、メモリ使用率を下げる工夫を行いましょう。

パソコンのスペックを知ることはパソコンの買い替え時にも役立つ!

今使っているパソコンのスペックを知ることは、パソコンを買い替える際にも役立ちます。

快適に使えている場合、「今と同じくらいのスペックなら大丈夫だ」ということがわかりますし、反対にイライラすることが多い場合は、「今よりワンランク上のスペックじゃないと厳しい」ということがわかります。

パソコンの買い替えを考えている方は、以下の記事もぜひチェックしてみてください。おすすめのデスクトップパソコンやノートパソコンをご紹介しています。

まとめ

今回は、Windows11でパソコンのスペックを確認する方法をご紹介しました。

Windows11では、バージョン情報やシステム情報でCPUやグラボなどのパソコンのスペックを確認することができます。今お使いのパソコンのスペックが知りたい方は、今回ご紹介した方法をぜひ試してみてくださいね。